読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理漫画を研究してます

料理漫画研究家としてのあれこれをここに書いていこうかと思います。 お仕事のご依頼はkei.sugimuraあっとgmail.comまで!

ネイチャージモン 9巻(完)

今日の料理漫画 実食

あけましておめでとうございます。ちょっとばたばたしているうちに松の内も明けてしまいました。でも今年は頑張って更新していこうと思うのでよろしくお願いします。

新年初の料理漫画は、ネイチャージモンです。ダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんことネイチャージモンさんが主人公にして原作という作品なのですね。99%ノンフィクションと書いてあります。

ジモンさんは芸能界一肉にとりつかれた男なのですが、そのすごさを周知した作品がこのネイチャージモンと言えるでしょう。実際、出てくる肉のうんちくはハンパ無いし、出てくる肉の名店もハンパ無いし、最終的には松阪牛の取引をする資格を手に入れて実際に牛を買い付けちゃったりしています。いやーもう本当に凄いです。

ちなみに僕は今ではもんじゃ大木屋さんと仲良くさせてもらっているのですが、親父さんと仲良くなったきっかけはネイチャージモン2巻だったりします。お店に持っていってたら親父さんが「おう、サインは無いけどお店のハンコを押してやるよ」と言ってくれて、ポンと押してくれました。そこから仲良くなったのですね。なので、僕の肉の恩人でもあるわけです。

そのネイチャージモンもとうとう最終回を迎えてしまいました。今回はイタリア編です。世界最古のステーキを追い求めているのですね。本来の最終回では、ネイチャーさんが喋りすぎてしまったために、特別に編集部にかけあって1回増やしてもらったとか、その辺も最後までネイチャージモンさんらしかったです。最後の挨拶は、ちょっとじーんときちゃいました。

2013年1月4日発売

ネイチャージモン(9) <完> (ヤンマガKCスペシャル)

ネイチャージモン(9) <完> (ヤンマガKCスペシャル)

ネイチャージモン(1) (ヤングマガジンコミックス)

ネイチャージモン(1) (ヤングマガジンコミックス)

ネイチャージモン(2) (ヤングマガジンコミックス)

ネイチャージモン(2) (ヤングマガジンコミックス)