読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理漫画を研究してます

料理漫画研究家としてのあれこれをここに書いていこうかと思います。 お仕事のご依頼はkei.sugimuraあっとgmail.comまで!

華麗なる食卓 49巻(完)

カレーだけに特化した料理漫画「華麗なる食卓」もついに最終巻が発売されて堂々完結です。表紙には今までのキャラクターがほぼ全て載っていますね。

お話は、エディブルファイトの決勝戦が終わり、その後のマキトと結維について描かれています。まあ、あれです。一線を越えてしまうか越えてしまわないかでずーっと過ごしていたこの二人が最後の最後にどうなるか……ということですね。

この「華麗なる食卓」は色々と料理漫画的には面白い作品でして。それというのも、それまで「寿司」と「ラーメン」しか無かった、一つの料理メニューに特化した料理漫画にカレーというジャンルを作り、しかも人気漫画になったというのはとても大きいんです。寿司漫画もラーメン漫画も、どちらかというと職人の成長物語が中心だったので、色々なレシピというか料理手順が詳細に載っている料理漫画というのは当時はあまり無かったのです。華麗なる食卓が始まってから、ちょっとたった後に焼きたて!! ジャパンが始まり、いまの色々なメニューに特化した漫画がたくさん登場するようになったのでした。ちなみに、この二つの作品はいわゆる料理人が特殊能力を駆使して料理を造る、いわば必殺技を持っていたりするところも共通していたりします。今の料理漫画って、意外とそういう必殺技(正確には特殊能力に名前がついている)が少ないんですよね。

あとは、僕がテレビに出た時、すなわち2010年10月17日放送のMAGNETで特集されていたので(ちなみに別撮りなのでお会いしたことはありません)、ちょっとだけ思い入れがあったりします。このときに特集された華麗なる食卓ダシマスター共に終わってしまいましたね。ダシマスターは正確には終わってしまったわけではないんですが(僕はまだ連載再開待っていますよ!)

何はともあれ、11年11ヶ月にわたる連載おつかれさまでした。ふなつ一輝先生の次の作品も期待しております!

2013年1月18日発売

華麗なる食卓 49 (ヤングジャンプコミックス)

華麗なる食卓 49 (ヤングジャンプコミックス)