読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理漫画を研究してます

料理漫画研究家としてのあれこれをここに書いていこうかと思います。 お仕事のご依頼はkei.sugimuraあっとgmail.comまで!

うは「うどん会」のう

今日の料理漫画 エッセイ 実食

寺島令子先生による、何でも作ってしまう「うどん会」のさまざまな活動を描いた漫画です。タイトルはレイ・ブラッドベリの短編集「ウは宇宙船のウ」(R is for Rocket)から名前がきていますね。さりげなく英題「U is for Udon-kai」も書かれていたりもします。

最初は手作りうどんから始まり、味噌、アンチョビ、ドーナツ、アイスクリーム、チーズなどなど。さまざまなものを作っていきます。僕も料理というよりは、そういう料理のさらに前段階みたいな調味料とかパンとかを作るのが好きだったりするので、大がかりにチーズ造りとかとてもやってみたい! 本には取材場所とか解説が書かれているページがあるので、こういう影響を受けやすい僕みたいな人も安心ですね。チーズは磯沼ミルクファームかあ。ちょっと予定を調整しなければ……

ちなみにうどん会が料理する場所は最初は区民センターとかでやっていたのですが、最終回では新宿御苑のキッチンスタジオを借りていました。ここのキッチンスタジオも良さそうです。面白そうだなあ。

それはさておき。うどん会は悪の組織なのです。ゲストがもうお腹いっぱいと言っても、その手を緩めたりしません。うどん会は誰かに褒めて欲しくて料理するのでは無く、作りたいから作るのですね。なんと恐ろしい!

そうそう。この本を読んで、寺島令子先生と田中としひさ先生がご結婚されていたことを知りました。なんとなく、描かれ方的には第三回あたりで結婚されたのかなー? とか思ったりもしましたが、違うかもしれません。何はともあれ「墜落日誌」と「おこんないでね」の両方を読んでいたので、びっくりです。おめでとうございます!

2013年3月29日発売

うは「うどん会」のう (アサヒコミックス) (あさひコミックス)

うは「うどん会」のう (アサヒコミックス) (あさひコミックス)