読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理漫画を研究してます

料理漫画研究家としてのあれこれをここに書いていこうかと思います。 お仕事のご依頼はkei.sugimuraあっとgmail.comまで!

バリスタ 9巻

9巻で大幅にイメチェン?! と思われ心配していた(Amazonで予約の段階では成人向け漫画の水着のおねーさんの表紙画像が間違って掲載されていたのです)珈琲漫画。もちろんAmazonのミスだったので、発売日前に修正されていつもの表紙になっていました。良かった良かった。

今回は、いよいよ自分のお店を持つために色々と準備をする蒼井香樹くん。彼がパートナーと見込んだ引きこもりの珈琲焙煎マニアの要さんをようやく外に連れ出すことに成功します。「俺の珈琲をうまいと言ってくれたあいつに珈琲を焙煎してやりたい……」という要。しかし、そこに登場した母親が……?!

なんというか、現代社会の縮図みたいなものを見せられたようで、ちょっと読後感は良くなかったりしますね。難しい問題だなあ。この要さん編が唐突に終わり、その後には大日本コーヒー編(大会で戦った野々村さんの会社)が始まるんですが、そこでも要さんのことがあまり触れられていないのが唐突感をあおっているのかなあ。さらにこの大日本コーヒー編に登場する新人くんがまあ、なんというかこう、これもまた現代社会の問題の縮図みたいで。その対処が主人公の成長を描いているのかもしれませんが……

ちょっとバリスタは、7巻以降の主人公があまりにも自分のせい以外の要因で(紗代ちゃんの件だけ自業自得っぽいですが)振り回されてしまう感が高いです。6巻までが山を登っている感だったのですが、7巻で一回谷底に落とされ、そこから徐々に上がったと思ったらまた谷へという感じでしょうか。あ、これは主人公の境遇の話で、お話の面白さというわけじゃないですよ、念のため。お話は面白いんですが、ちょっと振り回され感にくらくらきています。秋に発売の10巻では山になっているといいなあ。

2013年5月16日発売

バリスタ 9 (芳文社コミックス)

バリスタ 9 (芳文社コミックス)